車の事故歴と査定相場に掛かる影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車に事故歴があると、査定額が安くなってしまうことを気にする場合があります。中古自動車査定基準の定義として、交通事故や災害に伴い骨格に欠陥や修復があるものは、事故歴として扱われます。
業者の査定における検査の際も、いくつかチェックポイントがあります。フレーム修正機の使用実績やシール剤などが新しくなっているか、工具使用の有無はどうかなどが確認されます。それらがあったり、ボンネットとフェンダーの隙間にずれがあったりする場合も事故歴として取り扱われることがあります。
一方、板金で直したり査定を受ける前に自分で交換していたりする場合は事故歴になりません。可能な範囲で修理している際は、査定の相場より買取金額が低くなることは少なくなります。

事故歴の有無は隠していても大丈夫か

査定の相場より買取金額が低くなることを懸念して、事故歴や小さなキズを報告しないまま車の売却を考えている方もいるでしょう。買取をする前には売買契約書が交わされますが、重大な瑕疵や欠陥があれば、正直に報告する必要があると記されていることがほとんどです。
インターネット上で査定をする際はどうなのかと疑問を抱く人もいるかもしれませんが、インターネットの場合にも相応に車の知識と経験があるスタッフが対応してくれるので、たとえ報告していない場合でもおおむね分かります。そのため、隠そうとしていると判断されて相場金額よりも低くなることにもなりかねません。事故歴やキズに関しては、正直に申告をした方が無難です。
正規ディーラーなどで修理をした実績があれば、車体番号と修理記録が登録されています。少しでもスタッフの印象を良くすることで、双方にとって気持ち良い取引へと繋がり、相場よりも高く金額が提示されやすくなります。

事故歴があっても正当な査定を受ける方法

車の事故歴があり大きな修理をした場合は、査定相場よりも安くなりやすいです。ただし、日本車は全世界の中でも人気が高く性能も優れており、点検や修理をして、世界中に提供して売却を図ることも可能です。そのため機能性が低下していても、業者の捉え方次第では相場並みの金額を提示してもらえることもあります。
自分でも、車の機能における知識があれば正当な査定を受けやすくなります。スタッフによっては、無知であることを理由に直接ではなくても値切り交渉をしてくる場合があります。上司への確認を依頼したり、車の知識を用いて説明したりすると良いでしょう。保険会社に事故減価額証明書を発行してもらうことでも、きちんと査定をしてもらうことが可能です。